日付をまたいだ予約の受け付け

宿泊施設やレンタルなどで、基本的に日付をまたいで予約を受け付けるため、カレンダー表示も「日」、「週」ではなく「月」であることが望ましいシーンでのTipsです。

▽予約画面イメージ
スケジュールイメージ

▽基本設定
用いるスケジュールはリソーススケジュールです。

  1. 利用時間を0:00〜24:00として、利用時間による時間の途切れ目をなくします。
    管理画面→管理→利用時間
    利用時間の設定
  2. レイアウトも24時間にし、月表示をデフォルトとしてそれ以外の表示を非表示とします。
    管理画面→設定→レイアウト
    スケジュールの縦のサイズの背亭
    どの表示形式でご利用されますか?の設定

 

日付をまたいだ料金設定

日付を超えた指定は出来ませんが、二つに分けての設定例として以下を紹介させて頂きます。
例)23:00~翌5時の設定

「もし以下の全ての条件を満たした場合:」の設定の「…時間」を二つ登録いたします。
・「以降」で「23:00」を設定
・「以前」で「05:00」を設定
それぞれ同じ「アクションを実行」とすることで、合わせて「23:00」以降、「05:00」以前となるかと存じます。

カテゴリー: Tips

コメントを残す