ホテル等の宿泊施設用ウェブ予約システム完全作成マニュアル

宿泊施設での利用を想定したウェブ予約スケジュールになります、施設にとって予約システムは主幹となるシステムです。

1.宿泊施設は何と言ってもその部屋数{リソース数}がホテルによりますが数百以上とあるホテルもあると思います。
また、部屋の種類や曜日、オプション項目等により多様に価格設定が必要な施設がほとんどでしょう。

大規模なホテルの場合は、全部屋を一つのスケジュールに納めるのはまず無理なので、以下の様に分けてスケジュールを作成する方法も選択として提案致します。
1.部屋の種類毎にスケジュールを作成 例 シングルルームのスケジュール、ダブルルームのスケジュール等
この場合はスケジュール上部のホワイトスペースにその部屋の情報のみを明記すれば良いので顧客にとっても分かりやすいです。
ただ部屋数で分けてもシングルルームだけで数十以上ある場合等は更に禁煙、喫煙で分ける等細分化していき、なるべく一つのスケジュール内に多くの部屋数{リソース}を詰め込まない方が見やすくなります。

 作成したスケジュールのコピー機能があるので似たような機能のスケジュールを一から作成する必要がありません。
 その為1つスケジュールを作成すれば後はコピーで量産してカスタマイズするだけなので、大規模施設においても実は効率的にカレンダーの設定が完了可能です。
⬇以下はこのデモでの価格設定の項目になります。中々凄まじい数です。 詳細はこちら
 ルールの設定数には上限があります。
 設定できるルールの数はその条件内容によりますが、15程度のルール設定で活用できるように調整ください。

登録されたルールは上から順番に評価されます。
ルールの順位の変更は、ドラッグアンドドロップで行うことが可能です。
ルール最下部で価格の条件反映結果の確認が行えます。
複雑なルール設定を行なった場合など、必ず確認することを推奨します。

 

⬇実際の予約画面 
ユーザーに入力してもらう情報は多様に設定可能。
もちろん会員機能もあるので会員は次回からの予約時は再度長い入力をスキップ可能です。
デモでは予約者の情報をオープンにしていますが、もちろんこの表示方法は多様に変更可能です。

⬇埋め込む場合は管理画面にログインした状態で下記ページへアクセスすると希望のカレンダーの埋め込みコードがあります。
各種操作の詳細はこちらを御覧ください。
width=”600″ height=”800″  の項目で大きさを調整します。

WordPress等の場合はTextモードに切り替えて貼り付けて下さい。

⬇また以下項目にてSuperSaaSの各種カレンダーの表示方法を変更可能です。
http://www.supersaas.jp/accounts/settings

⬇管理画面→レイアウト詳細の編集ページにてカレンダー上部ホワイトスペースへ文字等を挿入可能 詳細はこちら

⬇画面右上の国旗ボタンをクリックする事により、表示言語を変更可能です。

1.例として言語変更により英語を選択した場合は、自動リマインダーメールもシステムの英語版のデフォルトメッセージが送信されます。言語変更欄に表示があっても、自動リマインダー非対応の言語もありますので、無料試用でご確認下さい。
2.言語変更により、予約内容入力項目ではシステムのデフォルトの共通項目のみ自動変換されます。{例名前、住所等のデフォルト項目}その為、ユーザー自身で追加しているオリジナル項目は言語変更の対象にはなりません。これは画面上部のホワイトスペースの入力情報も同一です。
3.その為、画面上部のホワイトスペースに予め、複数言語で案内を入力する方法が適している場合があります。
4.又は、例としてスケジュールを英語、スペイン語等言語毎に分けて作成する方法も有りえますが、ダブルブッキング等管理の手間が発生してしまう可能性が高いため、あまりおすすめは出来ません。サービススケジュールでのみスケジュール横断が可能です。詳細はこちら

⬇モバイル版 詳細はこちら

モバイル機器でアクセスすると自動でこの表記となります。このデモではモバイル表示する様に設定しています。

 

⬇リポーティング機能で予約状況を把握可能